大変大変お世話になった、金沢市の市民協働推進課の『南ちゃん』こと南志津さん。

この春から異動になるということで、高木理事長とまどさんの息子ズと一緒に、金沢市お礼訪問に行ってきました。

久しぶりの金沢学生のまち市民交流館です。

医療従事者への感謝を込めてた作品

ありがとう、南ちゃん!

高木理事長とまどさんは、金沢市のいろんな市民協働に関する施策を通じて、市民協働とは何かを教えていただきました。

それからいろんなご縁が連鎖して、金沢市協働のまちづくりチャレンジ事業のプレチャレンジ部門で採択されて、活動が前進し、ハートキーパーの会が誕生しました。

そして今は、【金沢市協働を進める市民団体】にも登録させていただいています。

南ちゃんは、市民協働推進課の看板娘で、明るい笑顔がトレードマーク♡私たちのチャレンジや成長を応援してくださった人です。

撮影:3歳長男(連写181枚のうちの奇跡の1枚)

市民協働推進課は、市民と市役所をつなぐ大切な場所。その最前線にはいつも南ちゃんの姿がありました。

私たちからは、市のお墨付きをいただいたおかげで掴んだ新しいチャンスや最近の嬉しい報告をお伝えしてきました。

私たちも含め、市民団体のみんなが頼りにしていました。いるだけで、雰囲気がよくなるし、何よりお話してても楽しい♬

この課にきて6年だそうです。それだけ、変わられちゃう困る!っていうキーパーソンだったわけですね♡

でも、そんな南ちゃんだから、次の場所でも輝く職員として活躍するのだと思います😊

最後にちゃっかり、ハーキーのリーフレットも置かせていただきました。市役所にも置いてくださるそうです☺️ありがとうございます❗️

金沢市の協働の未来

ちょうど先日、金沢市では『金沢市協働推進計画2021』が策定されました。

金沢市協働推進計画2021

金沢市の市民協働がまたレベルアップする予感です✨

ご縁に感謝です♡

事務局長・まどさんでした。